2012年08月

Kotaro's note
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 来月は9月。
 地球が温暖化して、ちっとも涼しくならないでしょうが、秋になります。

 秋は「赤とんぼ」が飛ぶでしょうね。

 「秋桜」と書いて「コスモス」と読むそうですよ。

 というわけで、今回は「赤とんぼ」と「コスモス」を描きました。


 ところで、アヒルは飛べない鳥です。家畜化された結果、飛べなくなったらしいです。

 というわけで、今回の絵のあひるちゃんは、トンボ3匹の力を借りて飛んでいます。

 「アヒルが飛べないのはいいとしても、トンボ3匹では飛べないだろう」というご不満はあると思いますが、カッパの出てくる絵にリアリティを求めるのは、やめましょう。

 ぜひとも、オトナの対応をしていただけると、こっちの思うツボ、じゃなくて、ありがたいです。

 
 またまた、ところで、英語のコスモスという単語には「秩序」とか「調和」という意味があります。

 あれこれ言うのは避けますが、国際的に調和がとれているとは言いがたい状況です。

 「平和」が一番です。
 「調和」のとれた地球を望みます。

 というわけで、コスモス(調和)とピース(平和)なのであります。




今回の壁紙は「おばけキッズこがっぱ #010」です。


** かべがみを つかうまえのちゅうい **


 この記事の壁紙は無料です。
 「壁紙をご使用になる前に」をお読みになり、使用条件にご同意いただいたうえでご使用ください。ご使用されますと、使用条件に同意されたものと見なされます。
 パソコンの画面サイズを以下に表示しましたので、ご希望のものをクリックしてください。画像が新しいウインドウ、または新しいタブに表示されます。

1920x1080 1680x1050 1600x900 1440x900 1366x768

1280x1024 1280x800  1280x768 1024x768 1024x600




 本日は おこしいただき、ありがとうございました。
 また、きてくださいね。



スポンサーサイト

tag : おばけキッズ こがっぱ

 ロンドン・オリンピックが終わって一週間ほどたちました。

 帰国したメダリストの姿を、テレビをはじめとしてあちこちで見かけます。
 「おめでとう」「感動しました」「郷土の誇りです」、いろんな賛辞が聞かれます。

 月曜日(平成24年8月20日)には、東京・銀座でパレードが行われます。76人のメダリストが参加するとのことですので、全員かもしれません。全員でないとしても大多数が集まるようです。
 きっと、銀座の沿道には人があふれかえるのでしょう。

 結果を出した人に賛辞が与えられるのは良いことなのですが、ぼくは結果を出せなかった人のことが、いつも頭に浮かんでしまうのです。

 「がんばったからメダリストになった。だから、たたえられる」というのは、そうでしょう。では、メダリストになれなかった人は、がんばらなかったのでしょうか?

 ぼくは、そんなことはないと思うのです。

 結果が出なかったのですから、何かが足りないのだとは思います。「才能」もそうでしょう。「運」もそうでしょう。

 でも、日本を代表して出場した人が、がんばらなかったはずはないと思うのです。

 アマレス女子の浜口京子選手は結果が出ませんでした。初戦敗退です。

 浜口選手のお父さんは元プロレスラーで「気合いだ!キアイだ!きあいだぁぁぁぁっ!」というネタ(?)で有名な人です。
 プロレスを引退したあとは、トレーニングジムを経営するかたわら、お笑い芸人をやっています。(一部、誤解があるかもしれません)

 むかし、ぼくはプロレスをよく見ていました。

 浜口選手のお父さんが「アニマル浜口」として闘う試合をいっぱい見ましたし、その家族として紹介された子供のころの浜口選手も見ています。長州力に会って、感激して泣く姿が印象的でした。
 また、プロレス会場では「アニマル、がんばれ! アニマル、がんばれ!」と声援を送る、もっと幼いころの浜口選手の肉声も聞いています。

 ですから、現在の姿を見ると「京子ぉぉぉ、おおきくなったのぉ」という親戚のおっさんのような感慨を禁じえません。
 お父さんの「気合いだーっ!」さえなければ、あれさえなければ、本当に親戚になってもいいと思っています。(ここは半分以下の話で聞いてください)

 そういう背景があるので、浜口選手の初戦敗退は残念であると同時に、とても気の毒なことでした。

 敗退したあとのお父さん流の励まし方に、親の愛情を感じ、涙した人がいます。(ぼくは残念ながら、その励ますシーンを見る機会に恵まれませんでした)

 お父さんは、浜口選手ががんばっていたのを知っています。

 がんばってきたなら結果の出なかった人には「おつかれさまでした」「ごくろうさまでした」「ざんねんでしたね」とか、ねぎらってあげたいと、ぼくは思います。

 『メダルを取った人はたたえられるけど、取れなかった人は相手にされない、ではさみしい』

 ぼくはメダリストばかりがテレビをにぎわすのを見るにつけ、そう思ってしまうのです。





 ここ数ヶ月、取り組んでいたことが、やっと終わりました。
 お盆の間も最終的な作業をずっとしていました。

 そろそろ絵を描かなきゃなー、という気分になっています。


 「AKB48」というアイドルグループがあります。

 秋葉原四十八人衆ともいいます。(また、このネタを使ってしまいました。ネタの使いまわしは、いけないことだと思っていますが、きっとまた使うと思います)

 「モーニング娘。」というアイドルグループが大人気で、その人数が10人くらいだったころ、ぼくは全員の名前を言うことができました。

 若い女性からは「すごーい」とか「全部知ってるおっさんってキモーイ」とか言われたものです。

 子どものころ、ものをたくさん知っていることはエライことだと思っていましたが、おっさんになるとキモイ場合もあるということを、このとき知りました。(上品に言わせていただくと「知ってたら悪いんかい、でございます」と納得がいきません)

 さて、AKB48です。
 先日、「AKB48のメンバーを、わしは何人知ってんじゃろ?」と思い、数えてみると、その人数は29人でした。

 秋葉原四十八人衆、というくらいですから、48人のグループだと思われるかもしれませんが、実は違います。
 かつてはそうだったかもしれませんが、いまは正式メンバーだけで64人です。(厳密にいうと、今は一人欠員して63人です) 補足しますと、64人になったのは、AKB48が16人の3チーム編成で16×3=48人だったのが、チームがひとつ増えて16×4=64人に変わったからです。どうして、増えたのかは知りません。

 話をもどすと、
 ぼくが知っているのは29人なので、正式メンバー64人のうち、半分も知らないことになります。
 これならば、「全部知ってるおっさんってキモーイ」といわれるはずはありません。
 「中高生じゃないから、半分も知らないのは当然ですよね」と笑顔でいってほしいくらいです。

 でも、きっと「29人も知ってるおっさんってキモーイ」という女性が出てくることでしょう。

 もし、そういうことがあったときは「知ってたら悪いんかい、でございます」と上品に申し上げたいと思っていますでございます。



 夏休みになるとNHKのラジオで「夏休み子ども科学電話相談」が放送されます。
 夏休み子ども科学電話相談は、子どもの科学の質問に、専門家が答える番組です。

 理科が得意なガキだったぼくは、科学番組が好きであります。
 また、子どもが好きなおっさんのぼくは、この番組を毎年楽しみにしております。

 幼稚園児の質問を聞いて「そんなことも知らんのか」と思ったり(おとなげない)、
小学生が、ぼくの知らないむずかしいことを言ってるのを聞いて、すげえ敗北感を味わったり(なさけない)、
質問を聞いて「ふっふっふ、それはこうだな」と、ほざいたことが大ハズレで赤っ恥をかいたり(穴があったら入りたい)、
子どもたちのかわいい声や、あどけない疑問を聞いて、いやされたりしています。

 ぼくの知らない科学のことも、たびたび登場して勉強になります。

 先日、あるユニークな質問があったので、紹介いたしましょう。
 皆さんも、先生になったつもりで答えを考えてみてください。

 小学一年生の男の子の質問です。

 「なぜ、なつやすみなのに、べんきょうしなくちゃいけないんですか?」

 ぼくは、とりあえず、
 「そりゃ、科学の質問じゃ、ねえだろ」
と、ツッコんでおきました。

 さあ、皆さんの答えはどうでしょうか?

 ちなみに、ぼくはこの男の子に、とても共感しました。
 できればいっしょに酒をのみたいです。(相手は小学生で笑)

(※ ぼくはラジオをもっぱら録音して聞いています。ラジオは聞きながら、作業ができるので好きであります)

(注)幼稚園児の質問を聞いて「そんなことも知らんのか」と思ったり…というのは冗談です。


 ロンドン・オリンピック開催中です。

 日本国民なら真夜中でも生放送観戦、少なくとも普通の時間に録画放送を観戦すべきなんでしょうね。
 しかぁし!
 観てません。わたしはみてませんっ!

 いやいや、いばって言うことではないです。「非国民!」と言われても仕方のないところです。
 収められる範囲で、国民の義務である納税はしているので(泣きながら納税してます)、本当に非国民よばわりされたら心外ですが…。
 消費税だって、ねぎったことはありません。(←普通はねぎりません)

 実際のところ、オリンピックはニュースのダイジェストで観る程度です。
 それは興味がないわけでも、非国民だからでもありません。
 ましてや、プロフィールの肖像画(?)のように、実は「犬」だからでもありません。(本気にしないように)

 時間が無いのです。

 ぢかんが、ないのです。ううっ。(←ひらがなで書いてみました)

 いろいろやりたいことがあるので、オリンピック観戦のためだけに時間をさくのは、とても無理。神が万人に与えた時間は、一日に二十四時間しかありません。
 何かをやりながら観るという手もありますが、たとえば、絵を描きながらテレビをみると、描く手が止まってしまいます。

 これでは観るのも描くのも中途半端でいけません。

 だからといって、このオリンピックにまるで関心がないわけではありません。

 NHKのテーマソングには注目してます。
 「いきものがかり」が担当しているからです。
 ファンなんです、生物係。(←漢字で書いてみました2) ベスト盤のCD、持ってます!

 秋葉原四十八人衆(←AKB48ともいいます)も嫌いじゃありませんが、っていうか、アイドルは全部好きですが、歌唱力が違います。

 NHKでテーマソングが流れるたびに、その歌声に聞きほれてしまうのです。

 さすがだ! 吉岡!(吉岡さんは生物係〔←漢字で書いてみました3〕の歌のおねえさんです。)


 | Copyright © 小太郎ノート All rights reserved. | 

/ Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。