取り出した曲に情報を付加しましょう(本章)

Kotaro's note
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 取り出した曲に情報(曲名,アーティスト名など)を付加するソフト(無料です)をダウンロードしましょう。

 「Super Tag Editor」といいます。

 このソフトは改良版が複数あるようなのですが、本家を紹介いたします。
 本家を紹介する理由は、これが信頼できるダウンロードサイトにあって、ウィルス感染のおそれがないからです(おそれは皆無じゃないけど…)。
 今回のダウンロードサイトの「ベクター」は歴史が長く、ソフトの収録量も多いです。

 http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se139061.html

 ↑をクリックすると、上のような画面があらわれます。



4_setumei_02.jpg

 あらわれた画面を少し下げると緑色の「ダウンロードページへ」というボタンがありますので押してください。



4_setumei_03.jpg

 あらわれた画面を少し下げると緑色の「このソフトを今すぐダウンロード」というボタンがありますので押してください(似たようなボタンが続くのお)。




4_setumei_04.jpg

 「ファイルを保存」を押します。




4_setumei_05.jpg

 上のようなアイコンのファイルがおりてまいります。

 ダブルクリックすると…。




4_setumei_06.jpg

 警告画面があらわれたりしますが、実行を押しましょう。




4_setumei_07.jpg

 「次へ(N)>」を押します。




4_setumei_08.jpg

 インストール先フォルダを変えたい方は変えていただいて、変えない方はそのままで、「次へ(N)>」を押します。




4_setumei_09.jpg

 フォルダがなければ「はい(Y)」を押します。




4_setumei_10.jpg

 「次へ(N)>」を押します。




4_setumei_11a.jpg

「完了」を押してください。




4_setumei_12.jpg

 インストール中にフォルダの変更しなければ、上図のようにプログラムの中に入っています。

 起動してみましょう。




4_setumei_13.jpg

 こんな画面があらわれます。




4_setumei_14.jpg

 さっそくですが、オプションの変更を行います。
 オプション(O)~変換...(C)を実行してください。




4_setumei_15.jpg

 こんなウインドウが表示されます。




4_setumei_16.jpg

 「ファイル名 => タグ情報」の下の入力欄の文字をすべて消してください。

 ここに次の行の文字をコピーします。
  「%TRACK_NUMBER2% %TRACK_NAME%  %ARTIST_NAME%」
 かぎかっこのあいだの文字を(かぎかっこは含めません)を、ホームページやメモ帳から文字をコピーしたときと同じ要領で反転させたら、 Ctrl+C を押します。




4_setumei_17.jpg

 オプション変換(設定)のウインドウにもどって Ctrl+V を押すと、上図のように文字がコピーされます。

 ここで文字の意味を解説しておきましょう。
 この文字を分解すると次のようになっています。

 %TRACK_NUMBER2%
 半角の空白1つ
 %TRACK_NAME%
 全角の空白2つ
 %ARTIST_NAME%

 これは、MP3に一時的なファイル名をつけたときと同じ形式です。
 それぞれを対応させると以下のようになります。

 曲番(半角数字2けた)----->%TRACK_NUMBER2%
 半角の空白1つ ------------>半角の空白1つ
 曲名 ---------------------->%TRACK_NAME%
 全角の空白2つ ------------>全角の空白2つ
 アーティスト名 ------------>%ARTIST_NAME%

 一時的なファイル名をああいう形式にしたのは、SuperTagEditor にファイル名からタグ情報を認識させるためだったのでした。

 SuperTagEditor にタグ情報が入ると、タグ情報からファイル名を作ることができます。
 次に正式なファイル名をつける設定をします。


 正式なファイル名のつけ方は、一時的なファイル名のときよりは比較的 自由がききます。

 例をあげてみましょう。

 ぼくのファイル名のつけ方は、曲をかぎかっこでくくり、半角の空白を1つ入れて、次にアーティスト名をかっこでくくるというものです。
 森山良子さんの 涙そうそう という曲だと

 「涙そうそう」 (森山良子).mp3 となります。

 いろいろな つけ方が考えられるので、少し下に書いてみます。

 涙そうそう - 森山良子.mp3

 森山良子 - 涙そうそう.mp3

 森山良子 「涙そうそう」.mp3

 まだまだ いろいろ考えられますが、違うつけ方をしたい方は SuperTagEditor のヘルプを読んでみてください。




4_setumei_18.jpg

 では、ファイル名をつけるための具体的な説明をします。

 「タグ情報 => ファイル名」の下の入力欄の文字をすべて消してください。

 消したあとに、文字を入れます。
 先ほど あげた例にしたい場合の文字は、以下のとおりです。

  「涙そうそう」 (森山良子).mp3--->『「%TRACK_NAME%」 (%ARTIST_NAME%)』

  涙そうそう - 森山良子.mp3------>『%TRACK_NAME% - %ARTIST_NAME%』

  森山良子 - 涙そうそう.mp3------>『%ARTIST_NAME% - %TRACK_NAME%』

  森山良子 「涙そうそう」.mp3---->『%ARTIST_NAME% 「%TRACK_NAME%」』

 これらの例でかまわない方は、二重かぎかっこ(『』)の間の文字を 反転させて Ctrl+C を押してください(二重かぎかっこ は含みません)。




4_setumei_19.jpg

 オプション変換(設定)のウインドウにもどって Ctrl+V を押すと、上図のように文字がコピーされます。

 上図は犬山流のつけ方を選んだ場合になっています。

 「タグ情報 => ファイル名」に文字が入ったら「OK」を押してください。


 ここまでできたら、ファイル(F)~終了(X)を選んで、SuperTagEditor をいったん終了させてください。




4_setumei_20.jpg

 次に SuperTagEditor の作業用フォルダをつくります。

 mp3DirectCut の作業用フォルダは どこでもよかったのですが、SuperTagEditor の場合は作業用フォルダを マイ ドキュメントの中に置くことを推奨いたします。

 というのは、作業用フォルダの場所によっては SuperTagEditor がエラーを起こしやすくなるからです。

 ぼくは、フォルダの中のフォルダのことを「子フォルダ」と呼んでいまして、子フォルダの中のフォルダは「孫フォルダ」と呼んでいます。

 ぼくが作業用フォルダを「ひ孫フォルダ」に置いていたところ、エラーがたびたび発生しました。
 原因が特定できないのですが、フォルダの置き場所を子フォルダに移動すると、おおかた エラーが出ないようになりました。
 ファイル名やフォルダ名が長いとエラーが発生しやすくなるような感じもあります。


 今回も作業用フォルダ名を、わかりやすいけどセンスのない名前にしました。
 みなさんはセンスのいい名前にすることを おすすめします。




4_setumei_21.jpg

 つぎに mp3DirectCut のときと同じように、フォルダの中に SuperTagEditor のショートカットを置きたいのですが、前回はデスクトップにあったショートカットが今回はありません。

 そこで、ちょっとした小わざを使います。

 スタートメニューの中にはプログラムのアイコンがいくつもありますが、あれはプログラムの実行ファイルではなく、ショートカットです。

 スタートメニューに表示されたアイコンから、ショートカットをコピーしましょう。

 プログラムを起動するとき、スタートメニューから階層的にあらわれたアイコンをマウスの左ボタンでワンクリックするのが普通ですが、今回はマウスの右ボタンでワンクリックします。

 すると上図のように小さなウインドウがあらわれますので、コピー(C) をえらびます。




4_setumei_22.jpg

 そして、作業用フォルダを開いて Ctrl+V を押すと、ショートカットがコピーされるのです。




4_setumei_23.jpg

 次に曲の入ったフォルダをコピーします。

 前に書いたように SuperTagEditor はエラーを起こす危険性を秘めたソフトなので、曲の入ったフォルダを移動するのではなくコピーすることを強くおすすめします。エラーによっては、せっかく作ったMP3ファイルがこわれるかもしれません。




4_setumei_24.jpg

 今回の例でコピーしたフォルダの中には図のようなMP3ファイルが入っています。




4_setumei_25.jpg

 蛇足ながら、ファイル名の一覧です。




4_setumei_26.jpg

 SuperTagEditor は、ドラッグ アンド ドロップに対応していますので、曲のフォルダを左ボタンでワンクリックして、ボタンを押したままショートカットの上に移動して、ボタンを離します。




4_setumei_27.jpg

 SuperTagEditor が曲のファイルを読み込んで起動しました。




4_setumei_28.jpg

 ちょっと見づらいので、文字の表示幅を調整しました(これは見やすくするためにしたことで、しなければならない操作ではありません)。





4_setumei_29.jpg

 トラック名という曲名に当たるところに、番組名と日付が入っています。
 ぼくはこの番組名と日付をアルバム名に入れるようにしています。
 アルバム名は本来 CDなどのそれを入れるところですが、ラジオなのでそうしております。

 ラジオの場合、アルバム名は入れても入れなくてもかまいません。

 今回は SuperTagEditor のコピーのやり方を説明する意味もかねて、トラック名をアルバム名に入れてみます。

 SuperTagEditor は赤くなっている ます目を意識しています。(事前にこのます目をマウスでワンクリックしました)
 この状態で Ctrl+C を押してください。パソコンが赤います目を記憶します。




4_setumei_30.jpg

 次にコピーしたい場所をワンクリックして指定します。
 今回の場所は、赤います目です。




4_setumei_31.jpg

 Shift を押しながら下矢印キー(↓)を1回押すと、それまでのます目が黒く変わって 赤います目が一段下がります。これを図のように曲数分おこないます。
 この黒と赤の部分に、パソコンが記憶した文字が入ります。

 これで Ctrl+V を押すと…




4_setumei_32.jpg

 文字がコピーされました。
 (すべての文字が表示されていませんが、ちゃんとコピーは行われています)




4_setumei_33.jpg

 前の例ではトラック名の文字をコピーしましたが、手入力した文字をコピーすることも もちろん可能です。

 ます目が赤くなっている状態で、キーボードで文字を打ってみます。

 JAPAN と打ってみると…




4_setumei_34.jpg

 赤かったます目が白くなって JAPAN という文字が入りました。
 Enterキーを押します。




4_setumei_35.jpg

 赤います目が下がりました。




4_setumei_36.jpg

 上矢印キー(↑)を1回押して、JAPAN のところへ赤います目を戻します。

 戻ったところで Ctrl+C を押してください。




4_setumei_37.jpg

 今度はコピー先を指定します。

 コピーするのは一段下からなので、下矢印キー(↓)を1回押して赤います目を下げ、下がったら Shift を押しながら下矢印キー(↓)を残りのコピーするます目の数だけ押します。

 コピー先の指定ができたら、 Ctrl+V を押しましょう。




4_setumei_38.jpg

 JAPAN の文字がコピーされました。


 話を少し戻します。
 アルバム名にトラック名をコピーしたところに戻りましょう。




4_setumei_39.jpg

 次にファイル名から、曲名、アーティスト名、トラック番号を、自動でMP3の情報に付加します。

 付加する対象の曲を選びます。

 上図の ココ! と示したます目をワンクリックします。
 続いて、Shift を押しながら 下矢印キー(↓)を残りの曲数分押します。




4_setumei_40.jpg

 対象となる曲の指定ができました。




4_setumei_41.jpg

 指定ができたら上図のように、変換(C)~ユーザー指定変換~ファイル名 => タグ情報 を実行します。

 すると、すると…。




4_setumei_42.jpg

 変化が起こりました。

 「歌謡スクランブル -ポップスでファイト-(1) 2013年02月14日」だったトラック名が曲名に変わり、空欄だったアーティスト名に名前が入っています。




4_setumei_43.jpg

 空欄だったトラック番号にも数字が入りました。




4_setumei_44.jpg

 ひきつづき、曲の選択ができている状態(文字が反転している状態)で、ファイル名を正式なものに変更しましょう。

 上図のように、変換(C)~ユーザー指定変換~タグ情報 => ファイル名 を実行します。




4_setumei_45.jpg

 ファイル名が、犬山流ではありますが変わっています。




4_setumei_46.jpg

 MP3のファイル名や曲名等の情報が変わったのは、SuperTagEditor の上だけで、いわば仮想的な状態なので、変更を実際のMP3ファイルに反映させるための処理をします。

 それが ファイル(F)~タグ情報を更新(S)です。(Ctrl+S でも可)
 曲の選択ができている状態(文字が反転している状態)で、やってみてください。




4_setumei_47.jpg

 これでMP3に情報を付加する作業はおしまいです。

 ファイル(F)~終了(X)を実行してください。

 おつかれさまでした。

 これで Windows Media Player で曲を再生したときに、曲名などがちゃんと表示されるようになります。

 曲の入ったフォルダは、別の場所に移しておくといいですよ。




4_setumei_48.jpg

 実際のファイルの状態も変わりました。
 ファイル名が変わって、グレーの文字がふえています。




4_setumei_49.jpg

 マウスのカーソルを 森山良子さんの 涙そうそう のアイコンにかざしてみると、情報を確認できます。

 ちなみに変更前は…、




4_setumei_50.jpg

 こんな感じでした。







 さて、先に「SuperTagEditor はエラーを起こす危険性を秘めたソフト」と書きました。

 不幸にしてエラーがおきてしまった場合に備えて、MP3ファイルに情報を付加する別の手段を紹介しておきます。

4_setumei_51.jpg

 曲の入ったフォルダを開き、情報を付加したいMP3ファイルのアイコンを右クリックします。
 そして あらわれたウインドウからプロパティをえらんでクリックします。




4_setumei_52.jpg

 ウインドウの上の方の「概要」をクリックします。




4_setumei_53.jpg

 変わったウインドウに「詳細設定(V)>>」のボタンがあったらクリックしてください。





4_setumei_54.jpg

 詳細が入力できるウインドウになります。

 各項目の値の欄をクリックすると入力できるようになります。




4_setumei_55.jpg

 アーティストの欄に入力してみました。

 ほかの欄も同様に入力ができます。


 この方法は入力の勝手が お世辞にも良くありませんが、最後の手段として使えます。




 いやー、今回も長かったですね。

 ほんとうに、ほんとうにお疲れさまでございました。

 ここまで おつきあいいただき、まことにありがとうございました。







スポンサーサイト
この記事へのコメント:
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック URL
http://kotarosnote.blog.fc2.com/tb.php/107-be2b21bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 小太郎ノート All rights reserved. | 

/ Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。