FC2ブログ

製作ノート~「おばけキッズ」というタイトル

Kotaro's note
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「おばけキッズ」というタイトルの中の「おばけ」という言葉について、述べたいと思います。

 ここでは、「おばけ」は広く架空の生き物を指すものとして使っています。

 中には「河童」のように、おばけというより「妖怪」といったほうがいいものもあります。
 しかし、妖怪という表現は避けたいと思いました。それは、妖怪と称することで描ける範囲を狭くしたくないという意図からです。

 人様に見ていただく絵だから、暗いものは避けて明るくありたい、という思いがぼくにはあります。それはタイトルについても同様です。 
 藤子不二雄先生が「オバケのQ太郎」(若い方はご存じないかもしれませんが、昔のマンガです)で広めてくださった「オバケ」のイメージの暗くなさに期待しています。さらに「オバケ」または「お化け」を、ひらがなで「おばけ」と称することで、少しは印象がやわらかくなるのではないかと思っています。

 これがおばけキッズの「おばけ」という言葉のいいわけです。
 なにとぞ、ご了承ください。

 それから……、おばけキッズでは、こわい絵やおどろおどろしい絵を描くつもりは全くありません。

 さて…。

 子供はかわいいですねえ。
 欧米の子も、中南米の子も、アフリカの子も、中東の子も、アジアの子も、日本の子もかわいい。書きもらした地域の子だって、もちろんかわいい。
 動物の子もかわいい。
 だから、おばけの子だって、きっとかわいい。

 そんな子供の壁紙を描いていきたいと思っています。



 本日は おこしいただき、ありがとうございました。
 また、きてくださいね。


スポンサーサイト
この記事へのコメント:
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック URL
http://kotarosnote.blog.fc2.com/tb.php/11-67eda89d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 小太郎ノート All rights reserved. | 

/ Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。