FC2ブログ

製作ノート~おばけキッズの体の色

Kotaro's note
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 鬼には、赤鬼や青鬼がいるらしいので、鬼は赤色や青色。
 河童は、緑色。
 雷神には赤い雷神像が実際にあり、風神は緑色の像と絵があります。

 妖怪たちの体には、こんなイメージカラーがあります。

 でも、おばけキッズでは、それをやめました。人間と同じ肌色にしました。

 理由は……。
 そうしないと、こどもなのに、かわいくないから。

 鬼や河童たちの色は、不気味さを出すとともに、人間との違いを強調するために、ああなったのだと、ぼくは思っています。でも、不気味なものを表現するために、おばけキッズを描いているわけではありません。

 ですから、勝手な理屈をつくりました。
 「おばけキッズは、こどものころは体が肌色で、おとなになると別の色になる」と。

 にわとりがヒヨコのころは黄色いように、イノシシにはこどものころだけシマ模様があるように、おばけキッズも、こどものときとおとなのときは違うことにしました。

 なんだか、わがままばっかり、いっておりますが、おばけキッズを肌色で描いているのは、そんなわけです。
 ううっ、すいません。

 
スポンサーサイト
この記事へのコメント:
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック URL
http://kotarosnote.blog.fc2.com/tb.php/19-00acd584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:

 | Copyright © 小太郎ノート All rights reserved. | 

/ Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。